So-net無料ブログ作成
検索選択

2分の1成人式 [こども]

早いものでもう3月・・・。

先週は、子供たちの最後の授業参観・懇談会がありました。

下の子は2年生でできることになったことの学習発表会で、なわとびをしました。

 

そして、ニャオは「2分の1成人式」でした。

私たちが子供のころにはなかった行事です。
20歳(成人)の半分の10歳になったということで、クラスでこじんまりと式が行われました。

まずは子供たち一人一人が親に感謝の手紙を読みます。

それに対して、親もなにか一言・・・といわれました。

照れて真っ赤になる子、たくさんの紙にお父さんお母さんへの「ありがとう」をつづっている子、泣き出してしまう子。。。さまざまでした。

みんな本当に可愛かったです。

おもにお母さんたちが来ていて、来られない子どもは先生が代わりに手紙とプレゼントを受け取っていました。

お母さんも思わず涙ぐむ人もいました。私は自分の時は平気でしたが、涙ぐむ人を見て涙ぐむ・・って感じ^^;でした。

 

ニャオはパパには野球コーチをやってくれてありがとう、私には野球の会計をやってくれてありがとうという言葉でした。

そのあとは、みんなで声を合わせての呼びかけ、合唱。

2年間、同じクラスだった仲間だけあって、息がぴったりあっていて、とても良かったです。

 

 

10年って過ぎてしまうとあっというま。

毎日、同じように過ごしてきたつもりでいたけれど、確実に時間は過ぎている。

10年前は、おむつをとりかえることも、授乳も抱っこすることも四苦八苦。

 

だけど、今はおむつも授乳もしていない。それどころか、ごはんもお風呂も手がかからないことが増えてきました。

 

毎日毎日、「生まれてくれてありがとう」って寝顔に話しかけているけれど、

これからの10年できっと寝顔に話しかけることはできなくなってしまうんだろうな(個室になったり、ひょっとして一人暮らし始めるかもしれないし。)

 

当たり前のようにそばにいて、当たり前のように過ごしているこの時間があとどれくらいあるのかな。

 

人は結局独りだし、なにかつらいことがあった時、乗り越えるのは自分自身。親が代わってあげることはできない。

 

きっとこれからの10年間で、彼は私と過ごす時間はどんどん短くなっていくでしょう。

その時々の人間関係のなかに身を置き、私の知らないニャオが増えていく。

これからの10年でどんどん大人へと成長し、変わっていくでしょう。

 

でも、だからこそ、私は

 

「変わらない場所」

 

を作りたい。

 

いろんなことを学んで、楽しんで、その一方で、つらいことや悲しいことがあった時、

 

「あなたの人生を生きるのはあなた自身だけど、いつだって大事で大事でたまらなくって、あなたの存在で幸せな人間がここにいるよ」

 

いつだって変わらない想いで、彼を信じる存在。

ふとさびしくなった時、思い出して羽を休める変わらない場所。

そして、またエネルギーを補充して、旅立てる場所を作っていきたいな。

 

10年を振り返ること、これからの10年を想うこと、どちらにとっても、この「2分の1成人式」はよいきっかけになりました。

 


nice!(5)  トラックバック(0) 

nice! 5

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。