So-net無料ブログ作成
検索選択
考えたこと ブログトップ
- | 次の10件

おめでとう!高橋尚子選手! [考えたこと]

私、スポーツは結果をニュースで知ればいいって思っていたんです。でも今日は、あのマラソンをあの時間に観ることができて本当によかった!!

続きを読む


nice!(8)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ちょっと後悔してること [考えたこと]

ふと、思い出すと「ああすればよかったな」って思うことってありませんか?

私には思い出すと胸の奥がちょっと痛む出来事があります。

 

もう四年も前の出来事です。

その頃、関西に住んでいた私はシシを出産する為、埼玉の実家に里帰りしていました。ちょうど、夫のモーさんが仕事の都合で東京出張があり、実家に寄ったので、ニャオを母に預けて有楽町に映画を観にいきました。

 電車に乗りました。少し混んでいて座るところがなかったので、二人で立って話していました。

 小学校四、五年くらいでしょうか。男の子が私に声をかけてきました。

「あの・・・どうぞ座ってください。」

見ると、ちょっと離れたところに彼が座っていたらしい席が空いていました。

妊婦だった私を気遣ってくれたのです。

 でも、とっさに子供に席を譲ってもらうわけにはいかない!と思った私は

「有難う、でも大丈夫よ」と、言ってしまったのです。

 その子は慌てて、ご両親らしい人たちのほうに駆け寄っていきました。

その時、私は初めて「しまった」と思いました。

 

 大人でも席を譲るのって勇気がいります。

 

それなのに、せっかく勇気をだして私の体を気遣ってくれた男の子に、なんて無神経なことをしてしまったんだろう・・・。

 

 素直に受けたほうがいい親切もあるんだな。

 

横目でみていると、彼のご両親が、「よく言えたね」とほめているようでした。

しばらくして、彼ら一家が電車を降りるまで、私はちょっと居心地が悪かったのを覚えています。

 

 そして、今も、思い出すたびに胸の奥がちくっとして、

 

「どうかあの時の親切を無駄なことと思っていませんように」

 

と、願わずにはいられないのです。

 

 


nice!(9)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

「殺すなよ」 [考えたこと]

 のっけから物騒なタイトルになってしまいました。

今日お昼に観たNHKの「スタジオパークからこんにちは」で、ゲストの原田美枝さんが子育てについて語っている時のこと。

 原田さんが第一子が生まれて「可愛いでしょ」と故松田優作さんに見せたときに言われた一言、

 それが 「殺すなよ」   という言葉だったそうです。

最初、意味がよくわかりませんでした。普通、親が子供を殺すなんてありえないじゃないか・・・って。

 でも、「殺す」って生死の意味だけではないんですね。 子供はほっといても成長はしていく。親は子供の個性を「生かして」いかなくてはいけない。親の育て方によっては、子供の才能や個性を「殺して」しまうことがある・・という意味だったようです。

 ふと、我に返りました。

最近、子供たちのことを叱りすぎていないかな?

「危ないでしょ!」「やめなさい!」

どれも子供のために言っています。少なくともそう思って言っていることは確かです。

 だけど、ただ、親の責任といわれない為に、先回りして、つまずかないように、石を拾っているだけじゃないかな。本当はすばらしい花をさかせる芽を、雑草だと思って引っこ抜いていないだろうか。

 いい子に育って欲しい。誰からも愛される子になってほしい。

だけど、みんなと同じじゃなくちゃいけない・・とは言いたくない。

 でも全てを容認する甘い親であってもいけない。

 

 子供が小さければ小さいほど、「親の見極め」が大切になるんだなあ

 

 あらためて、「親の責任の重さ」を感じた昼下がりでした。

 

 


nice!(8)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

昨日の選挙結果で私が思ったこと [考えたこと]

昨日の選挙、八時過ぎの議席予想をみただけで、子供たちと一緒にねむってしまいました。
そして、今朝、起きてすぐに思ったこと。「一つの政党があんなに大勝してしまって、日本は大丈夫なのかな?」


私は支持する政党はありませんが選挙は必ず行っています。でも、お恥ずかしながら政治にくわしくありません。新聞の見出しに載っていることくらいわかりますが詳細は??です。そんな私でも一票を投じる前には考えました。郵政民営化は賛成。でも、イコール自民党に投票だと、他の人がもし同じ考えだったら自民党ばかりが勝ってしまう・・。年金や靖国参拝やイラク派遣のこと、サラリーマン大増税のことなど、自民党に賛成しかねることは沢山ある。・・その結果、私の投票は小選挙区と比例区で、ちぐはぐなものになりました。私って一貫性がないのかな・・?でも自分の思いを全て代弁してくれている党は見当たりませんでした。


 今回の選挙結果をみてみんな改革を議論するのではなく、まず動くべきと思っているんだなと感じました。いろんなことを先送りにしてきた結果なのかな・・?


 うちの二人の子供たちが大きくなる頃にはどんな世の中になっているのでしょう。私の一票は小さくてちりのようなものかもしれない。でも、こうやってどこに(誰に)投票しようかって迷うことができる。自分はこうですと意思表示できる。
 投票所のそばに住んでいるので朝から多くの人の足が選挙へとむかうのを見て今回の選挙、関心が高いんだなと思いました。それでも投票率は7割いかなかった・・。せめて自分の子供には投票することができるのは・・誰に入れるかを決められることは幸せなことなんだということは教えていきたい。たとえ、世の中に自分の意見が反映されていないと思う結果になっても。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
- | 次の10件 考えたこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。